×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

返済繰り上げの手数料

MENU

返済繰り上げについて

返済繰り上げとは、ローンを支払っている最中に、返済を前倒しする方法になります。 要は余剰資金ができた時にローンの支払いを少しでも楽にするために返済繰り上げをするのです。

返済繰り上げの手数料

返済繰り上げをするには、大抵の場合、手数料がかかることになります。
返済繰り上げの手数料については、返済金額によってその額に差がある場合があります。
そして返済繰り上げができる金額に制限を設けている場合があるので注意が必要です。
銀行などのローンについては、その会社によって返済繰り上げの手数料が違うので、色んな会社にあたって、じっくりと検討してチェックすることをおすすめします。
何とかして有利に返済繰り上げをしたい人は、手数料が無料のものを選ぶか、あるいは、安く手数料が設定されているローン会社を選ぶと費用が節約できます。
返済額によっては、返済繰り上げの手数料に大きな差がでてくる場合もあります。
東京三菱銀行では、100万円未満の場合は手数料が5250円、100万円を超える場合は、3万1500円になっており、その差額は2万6250円とかなり大きくなっています。
こうした場合に返済繰り上げをする場合は、できるだけ100万円を超えないギリギリの範囲で行うといいでしょう。

返済繰り上げを行うには、色々な銀行を利用できるので、しっかりと検討しましょう。
三井住友銀行では、One's ダイレクトで返済繰り上げをすると、手数料が割引になる特典があるので、利用してみる価値はあります。
固定金利の場合なら、5250円、変動金利の場合は、2100円も節約することができます。
今や返済繰り上げの手数料は、住宅ローンを選ぶ時の重要なポイントと言ってもいいかもしれません。
月々の支払いの定期的な返済とは別に、途中で返済を行うことを返済繰り上げと言いますが、それをすることで、返済額に応じて5,250円~3万1,500円の手数料がかかります。
返済繰り上げの手数料が気になる人は、フラット35などの最初から手数料がかからない商品をおすすめします。
最近では、住宅ローンの顧客を獲得するために、多くの銀行が、返済繰り上げ手数料を無料にする商品を提供しています。

返済繰り上げ手数料が最近では、ネットで申し込むと無料になるというものもあります。
無料にはならなくても、ネットから返済繰り上げを申し込むことで、手数料が割引される金融機関も登場してきています。
その返済繰り上げ手数料の割引制度を実施しているのが、三菱東京UFJ銀行です。
ネットで申し込むと、変動金利の場合は2,100円、固定金利の場合は100万円未満で4,200円、100万円以上が1万円と、返済繰り上げ手数料が安くなります。
住宅ローンを借りる人の中には、返済繰り上げをあらかじめ考えている人も多いです。
その時に悩むのが、金利差と返済繰り上げ手数料の差で、どっちを優先すべきか、ということが問題になります。