×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

返済繰り上げのタイミング

MENU

返済繰り上げについて

返済繰り上げとは、ローンを支払っている最中に、返済を前倒しする方法になります。 要は余剰資金ができた時にローンの支払いを少しでも楽にするために返済繰り上げをするのです。

返済繰り上げのタイミング

返済繰り上げというのは、実際にいつすればいいのか、そのタイミングは重要です。
支払うべき利息分をいかにして減らすか、というのが返済繰り上げのポインになります。
要するに、早ければ早いほど返済繰り上げは得になるということが言えるでしょう。
元金の減るのが少ない時期である、支払いの大半が利息にまわっている住宅ローンの初期の頃が一番返済繰り上げに適しているタイミングと言えます。
そして適用金利の見直しがある住宅ローンについても、返済繰り上げの意義があります。
それには、長期固定金利型ローン、変動金利型ローン、短期固定金利型ローンがあります。
こうしたローンは、残高を減らすことでメリットがあるので、返済繰り上げは有効です。
適用金利を見直す場合、残高に新しい金利が適用されるので、返済繰り上げすることで、金利が上がっても、残高が減った効果で、返済額を軽減できるのです。

返済繰り上げでは、金額制限や手数料がかかることがあります。
返済繰り上げの手数料というのは、一律ではないので注意が必要です。
一般的に5000円から3万円程度が返済繰り上げの手数料に必要な額とされていますが、借入先によって違うので、ローンの提携の時によく確認する必要がありのます。
住宅ローン控除についても、その時期のタイミングを考慮して返済繰り上げの時期のタイミングを図るべきです。
住宅借入金の特別控除を受けている人は、返済繰り上げの期間短縮型で返済期間が10年未満になると、控除が受けられないので注意が必要です。
住宅ローンが減税されている間は、減税額と金利の軽減額をきちんと試算して、どちらの方が有利になるのかをよく考える必要があります。
返済繰り上げというのは、お金が貯まれば、すぐにすればいいものではありません。

返済繰り上げについては、実行するタイミングというものがあります。
住宅金融支援機構の融資では、100万円以上でないと返済繰り上げができないようになっており、この場合、タイミング以前に、とりあえず100万円を貯める必要があります。
もちろんこの場合、100万円以上の条件が必要であって、100万円単位を意味するものではありません。
住宅ローン減税については、年末の残高で控除額が決定されるので、返済繰り上げについては、その時期までタイミングを待つ必要があります。
ローン減税をフル活用している人の場合は、ローン減税のことを考慮して返済繰り上げしなければなりません。
年末のローン残高が100万円減ることで、1万円減税額が減ることになるので、年末に返済繰り上げすることは意味がありません。
そうした場合、年明けまでタイミングを待って返済繰り上げをするべきなのです。